誰でも、何処でも、手軽に始められる移動販売

移動販売車で販売をする為の手引き

移動販売を始めるための準備

今回は移動販売業を求める環境についてと、主に飲食の移動販売の今後についてまとめていきたいと思います。
移動販売業の形態は、食材を作って販売するキッチンカーと食品や食材を配達するケータリングに分かれます。
移動販売業を取り巻く環境は、供給では中食ブームがあり、手軽に作れる食品の進出が増え、特に海外食品の参入が顕著です。
需要では、高齢者世帯などいわゆる買い物弱者が増加していることで、希望する所に届けてほしいという要求が高まっています。
そこに、移動販売業が求められており、参入しやすいチャンスが生まれ、移動販売業における飲食業の人気が高まっているのです。
移動販売業のメリットをまとめると、手軽に食べられるものが商品になること、ニーズに応じて場所を移動できることなどが上げられます。
さらに、販売する場所に自由度があるため、短期的なイベントにも対応できることもあります。
また、1台あたり1人での展開が可能で、イニシャルコストやランニングコストを低く抑えられます。
移動販売業は、事業主にとってメリットが多く、参入し易い業態であると確信できたと思います。
成功するには、ターゲットやそのニーズを明確にしていくことです。
今では、大手企業が、キッチンカーやケータリング事業のほかにプロモーションとして、移動販売車を活用するようになってきました。
競合他社の動向にも注意しつつ、今の事業が成立できるかを精査しながら商売していく必要もあります。

開店資金の安さとフットワークが魅力

移動販売業を始めるための準備について考えます。 まず、商品を決めます。 車両の仮決定も合わせて行います。ここで、初期費用を試算しましょう。 次に、販売場所を確保します。 商品を試作し売れる商品か検討しましょう。 最後に価格を設定します。このとき消耗品の選定とその費用を価格に反映することを忘れずに行いましょう。

許認可はどうするの

認可についてみてみましょう。 飲食品を提供する移動販売業は、必ず営業したい地域を管轄する保健所に届け出をして営業許可を得る必要があります。イベントや催事会場などに出展する場合は管轄する保健所を確認し届けましょう。 また、営業許可の条件は、各都道府県の保健所によって異なります。確認しましょう。

移動販売で儲けて収益をあげるために

移動販売業で営業している人なら誰しもが儲けて収益を上げたいと思っていることでしょう。 移動販売業で収益を上げるために必要な要素は、商品力 、販促力 、接客・営業力 、価格競争力 、リピート率に分類されますが、今回は、商品力と価格競争力に特化して考察して行きたいと思います。